浮気調査結果をうまく伝える方法

浮気調査を終了して、確実な証拠を確保した後は、その証拠を今度はどのように利用するかという方針を決めなくてはいけません。
ある程度決まっているとは思いますが、当人と対峙することは避けられません。
そのため配偶者であれば家族なのですぐに話し合いを始めることはできますが、問題なのは浮気相手の方にどう伝えるかということです。
基本的にこうした浮気調査をした上で証拠を確保した場合、感情的に浮気相手へ伝えがちですが、これは逆効果です。
そのような行動は裁判になった時に不利になるので絶対にやめます。
そのため一人で対応するのではなく法律のプロである弁護士に頼むことが一番です。
その場合、弁護士名の入った内容証明を送ることになりますが、これはその後に訴訟を予測させるものなので浮気相手に与えるプレッシャーというのはとても大きなものになるので、影響力があります。
伝える時は配偶者でも浮気相手でも冷静に何が起きても平然としているようにしてください。